神谷安吾の”In The Garage”

お笑い芸人達に捧げるラブレター

MENU

#25 今日から使える!安田大サーカス・クロちゃんの名前間違い

 

「クロちゃんです!わわわわわぁ〜。」

 

TV画面の向こうに、スキンヘッドに髭という強面からは想像もできないソプラノボイスでのこのツカミを目撃した人はたくさんいるのではないか。

そう、松竹芸能所属の安田大サーカスというお笑いトリオのクロちゃんこと黒川明人氏のツカミ(or挨拶)である。

 

近年では、TBSの人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」にて数多くのドッキリ企画や、モンスターハウス(若い複数の男女がシェアハウスにて恋愛をしていくテラスハウスという番組のパロディ)という企画に出演し人気を博している。

トリオ内での役割としてはボケとなっているが、実はイジリ(ボケ)に対する返し(ツッコミ)の面白さに定評がある。

特に有名な返しの流れとしては、クロちゃんという名前を間違えられ、「〇〇ちゃん」と呼ばれた際に訂正と補足を端的なフレーズにして素早く述べるというものがある。

 

実例としては、

「クローンちゃん」と呼ばれた際には、「実験段階じゃない!」や「僕一人で十分」など、機転のきいたツッコミを瞬時に返す。

「クロマティ」と呼ばれた際は、「(僕は)巨人でそんなにホームラン打ってない」など。

変則的な例としては、

「キョロちゃん」と呼ばれた際には、「金なら1枚、銀なら5枚!」と、これはもう否定というよりボケの方の説明しかしてないパターンも見受けられる。

 

簡単そうなやり取りではあるが、前提知識のストックと即座に端的に説明文を添える対応力は相当の準備と技術が要される。

 

今回の雑記では、

クロちゃん名前間違いの初級編として、

学校や家庭、職場でスグに使える

安田大サーカス・クロちゃんの色でイジられた時の返しフレーズ

を紹介していきます。お決まりフレーズを丸暗記して遊ぶしん!

 

色違い返しフレーズ

シロちゃん 

「色違い、真逆!」

キイロちゃん 

「僕そんな膨張色じゃない!」

レッドちゃん

「TIMの子だくさんの方じゃない!」

赤ちゃん

「おぎゃー!親からみたらいつまでも子供、バーブー」

 青ちゃん

「そんなに癒しの色じゃない!」

 

終わりに

クロちゃんや取り巻きの芸人さんが作り上げた、シンプルなフォーマットなうえに応用が利くというこの大発明。是非、あだ名がクロちゃんという友人を見つけてやってみましょう。オリジナルのボケと返しを作って楽しめるのも醍醐味だ。

ちなみに、山里亮太の不毛な議論(ラジオ番組)にてゲストで訪れた時の放送ではこの返しが頻繁に飛び交っており、返しの面白さが存分に味わえるので要checkだしん。ソプラノハゲダルマだしん。こうだしんだしん。

 

P.S.

本日はバレンタインデーということで日本のリア充達は色めきだっていますが、なんと30歳シングルの僕も贈り物をいただきました。中身はホタルイカでした。

渋すぎるぜ!しゃいこ〜!

今年も国生さゆり一強〜!

 

神谷安吾