神谷安吾の”In The Garage”

お笑い芸人達に捧げるラブレター

MENU

#23 名門!モウカリマッカー学園が始まった!〜おいでやす小田〜

 

よしもとの舞台劇といえば、もちろん真っ先に新喜劇が頭に浮かぶが、

今冬、アキナをメインにして大阪よしもとの若手芸人出演の舞台の放送がテレビ大阪にて始まった。

その名も、

「名門!モウカリマッカー学園

〜西梅田校新聞部〜」

である。

第1話、第2話をTVerで観たのだけれど、

実に面白い!

 

ネタ番組やロケ、ひな壇のあるトーク番組は他でもたくさん観られるが、

新喜劇のように一つの設定の中に多くの芸人が介入していく舞台での立ち回りとか、設定の中でのやり取りが他番組とは違って舞台特有のライブ感も体感できて新鮮に映える。

 

お決まりのギャグの出しどころとか、

漫才やコントの本ネタフレーズがサラッとでたり、おそらく楽屋とか普段一緒にいる時に生み出されたであろうノリの応酬や、各芸人の持ち味が存分に発揮されているように感じる。

 

まだ2回しか放送されてない分、主だって出演している芸人さんは限られているが、まだまだTV露出の少ない若手にスポットライトがあたり、そこから全国的な活躍をみせるであろう離陸間近の原石たちの挙動を目の当たりにできそうな番組である。

 

そして、今回紹介したいのが・・・

おいでやす小田さんのことである。

 

大阪NSC23期生である。(同期には友近さん、ガリガリガリクソンさん、モンスターエンジン西森さん、ウーマンラッシュアワー中川パラダイスさん、三浦マイルドさんなど)

R-1グランプリ3年連続ファイナリストであり、その実力は申し分ない。しかし、全国区のメディア露出という点ではまださほどその実力を発揮しきれていないように思える。

 

おいでやす小田さんの特徴として特筆したいのは、キレ芸である。他人にいじられればいじられるほど持ち味のキレツッコミが冴え渡り笑いを巻き起こす。

周りの執拗で過剰なイジリに対して「おいっ!」と吠える。

文字にしてしまうと全く良さが伝えられないが、その「おいっ!」のトーン、音量、表情が絶妙なバランスで混じり合い、笑いを生み出す。

言葉やフレーズを巧みに操ったツッコミももちろん面白いのだが、語弊を恐れず言えばその一辺倒なパワープレイが図抜けて鋭利で笑いどころに刺さる。

是非、その様を目の当たりにしてほしい。

 

2018年5月からは拠点を大阪から東京へと移したようで、今後キー局番組(それ以外でも)での活躍を切願する想いを込めてここに雑記を綴りました。

おいでやす小田さんを応援しよう!モウカリマッカー学園も観よう!

 

※第3回放送日は2月1日金曜深夜です。

 

 

終わりに

ちなみに「おいでやす小田」という名付けたのはスーパーマラドーナの武智さんみたいです。

 

P.S.

よしもと超合金Aが昨年終わってしまいましたが、次の超合金始まってほしいです。次始まるとしたら誰がメインMCかなぁ。

神谷安吾