神谷安吾の”In The Garage”

お笑い芸人達に捧げるラブレター

MENU

#19 マリオRPGとサツマカワRPGと

 

怪奇!YesどんぐりRPGのM-1ネタ旋風が吹き荒れたのも束の間、年末年始ライブのクラウドファンディングやtwitter上でも話題急上昇ピン芸人三人衆、

  • Yes!アキト
  • どんぐりたけし
  • サツマカワRPG

 

今回の雑記では、3名の中では比較的露出の多い

サツマカワRPGさんを取り上げてみる。 

 

f:id:downtown1989:20181218185629j:plain

サツマカワRPG

 

先日の「勇者ああああ」にて任天堂派を公言したサツマカワRPGさん。僕が初めて観たのはピンでの活動ではなく、TEAMサツマカワというコンビ名でM-1に出ていたのを観たときだったと思う。2018年大会では上記3名のユニットで参加し、トレードマークの髪型がカツラだったことを明かした衝撃的な幕切れを演出し、お笑いファンの注目をかっさらっていた。本能Z出演の際、いじめを受けていた過去を語り、その反骨心を原動力に笑いを生み出しているピン芸モンスターである。名前の由来はSFCソフト「マリオRPG」をもじったもの。僕も大大大好きな作品であり、自分という人間の構成要素としてもかなり影響を及ぼしている不朽の名作である。

 

前回の雑記でクロノ・トリガー について書いたのでマリオRPGについても書いてみた。

downtown198989.hatenablog.com

 

まず、あのCMのインパクトは計り知れなかった。パックンフラワーが「ロールプレイングゲームやったことない人も〜」と歌って始まるあのCMソングに聴覚を奪われ、グラフィックの彩り・コントラストに視覚を奪われ、八千円近い価格にお小遣いが奪われた。スーパーファミコンが4000円引きになるクーポンはついていたが、すでにハードは持っていたため全く意味を持たなかったのを、今はっきりと思い出す(虎舞竜)。

個性的なキャラとセリフ回し ワクワクが止まらないストーリーで進めるRPG要素。

上下と横移動だけではなく、奥や斜めにまでキャラを動かすことを可能にし、ミニゲームやボタンを押すタイミング次第で攻撃や防御の質が変わるアクション要素。

使用アイテム復活機能、隠れミッキーならぬ隠し宝箱などのおまけ要素などなど。

どの要素をとっても革新的でバカクソ面白いゲームだ。後世に残したいゲームの一つであると断言できる。

いまだに語れる個人的に怪奇なシーンを3つだけ挙げてみよう。

 

おマメ、クリクリ、くりっ、じょわー 

一見下ネタかとも思われるブッとんだ文字列。たしか、ちんぼつ船にいる宝箱みたいな敵が発する謎のセリフ。制作者である大人たちは何を意図していたのか知りたい。

 

ピーチのXXXを見つけた!

こちらはややメジャーなシーンだとは思うが、妙に興奮したのを覚えている。ここで性への目覚めを果たした小学生も少なくないと聞いている。知らんけど。

 

ドソキーユング

敵として出てくるドンキーコングの名前。ナイツの漫才のクリリンをクソソソという発想の原点はここなんじゃないかと思うほど、「リ」と「ソ」と「ン」のマジックはここで学んだが、「コ」と「ユ」にまで及んでいる感じが絶妙

 

 

と、マリオRPGの怪奇なシーンはここまでで、サツマカワRPGの話に戻ろう(トータルテンボスのプールのネタ中の「泳ごう」のテンションで)

 

サツマカワRPGの印象

 僕が観たことあるのは主にショートコントで、ハイテンションだが深々とお辞儀する腰の低いキャラクター。さんまのお笑い向上委員会でもモニター横芸人で大活躍だったが、最近は出ていないですね。

一瞬オチを予想できると思って観るのだけど、オチでは斜め上の発想でいつも裏切ってくる。時々見せる毒や闇の展開もシュールからポップへ簡潔に転換させる瞬発力にシビれる。

 

 

終わりに

 サツマカワRPGさんに関する記事みじかっ!というのも、サツマカワさんの面白さはショートコント1個観れば十分に伝わると思うので今回の雑記もショートにした。

12/18のtwitter上でも、写真家TOWAさんによる写真展の広告にはサツマカワRPGさんの背中越しの1枚がUPされていた。ものすごくかっこいい1枚。来年2月中に阿佐ヶ谷ロフトAのBarスペースにて公開されるらしい。行きてぇ。

 

P.S.

小学生当時、マリオRPGをクリア後の、あぁ終わってしまったという悲しみを認めたくなくて、アルバトロスという架空の裏キャラ(剣キャラ)とその後の世界という裏面(ドゥカティの炭鉱からワープできるという設定)を勝手に作りジャポニカ自由帳に書いていた。それが友人に見つかった際、思わず「もうここまで進んだ?まだクリスタラー倒してないんだ。倒し終わってドゥカティ行ったら新しいストーリー始まるよ。」と嘘をついてしまったことがある。あのころにもどりたい。

主にマリオRPGの記事になってしまいましたが、サツマカワRPGさんもバカクソ面白いのでcheck it out してみてはいかがだろうか。

神谷安吾