神谷安吾の”In The Garage”

お笑い芸人達に捧げるラブレター

MENU

#4 M-1グランプリ2018 準々決勝vol.3

M-1グランプリ2018の決勝進出者が発表されましたね。木曜日21時半過ぎからGyaoで決勝進出者記者会見を観ていたんですが、神妙な面持ちとはまさにこの事と思えるくらい、名前を呼ばれるのを待つ芸人さん達の雰囲気が異様でした。名前を呼ばれた9組はもちろん、敗者復活戦で這い上がってくる1組の熱演を楽しみに生きようと思います。ちなみに記者会見はGyaoアーカイブ配信されて観られるそうなので一見の価値あり。

では、

M-1グランプリ準々決勝ネタ雑記を始めます!

今回も10組。

 

<ネタ雑記> 

21.ういろうプリン人力舎

見た目は全然違うけど、ブラマヨの雰囲気漂う印象のネタでした。刺青(タトゥー)のネタ。明朝体ってゴシック体でいれろ。

 

22.相席スタート(よしもと)

年上の女性への告白ネタ。ケイさんはいつだってイイ女すぎるし、山添さんの優しさというか物腰というかケイさんの引き立て方の巧さが好き。SALTY's抜けて欲しくなかったな。イオン出禁。

 

23.天竺鼠(よしもと)

毎度ぶっ飛んだツカミで外さないってすごいなと思う。ずっと脱線して本題に入っていかないもどかしさに笑いとまらなかった。唐揚げ絞ってレモンにかける。

 

24.インポッシブル(よしもと)

ずっと変わらないでいてほしい馬鹿馬鹿しさ。すぐ喉切って死ぬし。大好き。

 

25.ぺこぱオスカープロモーション

見た目はもちろんインパクトあるけど、ツッコミがツッコミ切らずボケを受け入れるってシステムは斬新ですよね。祇園木崎さんvsぺこぱ松陰寺さん。キザーン!

 

26.すゑひろがりず(よしもと)

自分たちで言っていたんですけど、安土桃山の漫才なのですね。

おペペのロンチーノ。

 

27.八田荘(ワタナベエンターテイメント)

合コンのメンバー探すというネタ。エビの養殖家で新ネタ欲あるアラフィフが合コン相手だとは。

 

28.キュウ(タイタン)

今大会でデカイ衝撃を残したコンビの一つなんじゃないか。ボケに対してツッコミの間がすごいたっぷりで、1個でもはずしたらボロボロになりそうなヒヤヒヤ感の中で全部はずさないでくる。めっちゃええやん。

 

29.ラフレクラン(よしもと)

コントも出来てキャラ立ちも器用さも兼ね備えてるコンビ。

バスガイドのネタだったのだけど、夜行バスをチョイスって観た事ないなぁと思った。

 

30.大自然(よしもと)

警察官のファンというネタ。里さんの「知らない人に付いて行くなと、教える立場だ。」が好きでした。

余談だけど、ピーポくんの認知度を上げたのはアンジャッシュという説を立証したい。

 

 おまけ

M-1に毎年連続して参加して上がってくるコンビの現在と前年やそれ以前との比較をしてみると、認知度やネタバレ、システムバレが良い作用にも悪い作用にもなる感じがして、勝ち上がるのって本当に難しいと改めて思いました。

神谷 安吾